銀座カラー広島店

脇脱毛は痛いのか

一昔前の脱毛の主流であったのはニードル脱毛でした。ニードル脱毛というのは毛穴に電気針を差し込んで電流を流すことで毛根組織を破壊して脱毛させるという仕組みの脱毛法です。しかし毛穴に針を刺すものですからそれはもの凄い痛みを伴うものでした。

この痛みのため途中で脱毛を辞めてしまう方がたくさんおられたそうです。このため脱毛イコール痛いものというイメージが定着してしまったとも言われています。しかし現在の脱毛はニードル脱毛ではなく、クリニックで行う医療レーザー脱毛と脱毛サロンで行う光脱毛が主流になっています。

これらの脱毛方法はニードル脱毛に比べるとほとんど痛みを伴わない脱毛法といっても過言ではないものになりました。 医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い分光の出力が強いため照射時にゴムで弾かれたような痛みを訴える方もおられました。

痛みをほとんど感じない脱毛法

しかし現在は患部を冷却しながら脱毛を行う機器や皮膚を吸い上げながら脱毛を行うといった機器が登場したこともあって照射時の痛みを訴える人が少なくなってきたのも事実です。さらに脱毛サロンで行っている光脱毛においては痛みの無い脱毛を売りにしているほど痛みをほとんど感じない脱毛法になっています。

しかし痛みに強い人と弱い人がおられるのでどちらの脱毛法も絶対とは言い切れません。痛みに対して不安がある方は体験コースを利用して痛みの度合いを確認しておくと良いでしょう。脱毛は1回や2回の施術で完了するものではありません。脇脱毛に関しては少なくとも5回から6回は受ける必要があるので自分が納得出来る痛みでないと続けることは難しいと思います。

↑ PAGE TOP